高麗人参サプリはどこを基準に比較するといいのか、正しい選び方について解説しています

高麗人参サプリはどこを基準に比較する?正しいサプリの選び方

サポニンの含有量をチェック!

サポニンをたくさん含む高麗人参「6年根の紅参」「黒参」に注目!

いざ、高麗人参サプリを飲んでみよう!と意気込んで調べてみると、あまりの種類の多さにどれが良いか分からなくなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。それだけ高麗人参の効能は広く知られているということですが、その効能を実感するため、正しいサプリの選び方を知っておきましょう。

最も大事なのは、高麗人参の有効成分であるサポニンの含有量です。ズバリ、高麗人参の質はサポニン含有量で決まると言っても過言ではありません。サポニンをたくさん含む高麗人参には6年根の紅参・黒参が挙げられます。高麗人参サプリを選ぶ際には、6年根を使用しているか?紅参を使っているか?黒参を使っているか?という点を基準に比較をしてみてください。「サポニンの含有量○○mg」と具体的に記載しているサプリもありますので、それも参考にしてみてくださいね。

そしてもう一点、サプリ選びで忘れてほしくないのは、加工過程で余計なものが入っていないかどうかです。例えば、有効成分の酸化を防ぐために、酸化防止剤などの添加物が含まれていることがあります。せっかく健康促進を目的に高麗人参サプリを摂るのならば、添加物よりも、酸化を防いでくれる自然由来の成分が含まれていることが理想です。

高麗人参サプリを始める前の豆知識!

サポニンの他にもまだまだある高麗人参の注目成分

高麗人参の有効成分はサポニンだけではありません。他にも、健康を促進してくれる成分がたくさん含まれているのです。例えば、高麗人参の有効成分の一つである「アルギニン」には血流改善の働きがあり、動脈硬化・脳梗塞など病気の予防に効果的であることが知られています。また、血流が良くなるということは高血圧の改善や免疫力アップにも大きく貢献してくれます。このように、高麗人参のどの成分にどのような作用があり、私たちの体にどのような効能があるのか、詳しく調べてまとめてみました。高麗人参がサプリメントに活用されてきた秘密が分かりますよ。

サポニンの量は加工方法によって異なる?

高麗人参サプリの決め手はサポニン含有量だとお話ししましたが、サポニン量は高麗人参の栽培年数や加工方法によって全く異なったものになります。畑で採れた高麗人参そのままはどうなのか?同じ高麗人参でも加工方法でサポニン量は変わってくるのか?結局、最も多くサポニンを含んでいるのはどの高麗人参なのか?正しく知ってサプリ選びに役立ててくださいね。また、高麗人参以外にも色々な薬用人参があることをご存知でしょうか?代表的な薬用人参と、その効能についてもご紹介します。

高麗人参の効果を高めるサプリメントの飲み方とは?

サプリは薬ではありませんので、ある程度自由な飲み方をしてかまいません。でも、せっかくサプリを摂るなら、その効果を最も高めたいと思いますよね。高麗人参サプリの効果を高めるのに最も適した時間やタイミング、量はあるのでしょうか?また、もし高麗人参サプリを飲み始めて、倦怠などの「好転反応」が現れた場合には摂取をいったん控えるべきなのでしょうか?そんな疑問にもお答えします。中には、こんなタイミングで飲んでもいいの?という面白い発見もあると思いますよ。

「プロポリス」は高麗人参サプリと相性のいい成分?!

セイヨウミツバチが巣を守るために用いる粘着性の物質で、「蜂ヤニ」とも呼ばれる「プロポリス」。強い抗菌作用があり、古くから民間薬として重宝されているんです。1つの巣から採れるプロポリスは微量なので、ハチミツやローヤルゼリーに比べて貴重なプロポリスの効能効果と、高麗人参との相乗効果について紹介しています。

マカサプリ?高麗人参サプリ?選ぶならどっち?!

すぐれた栄養素と多岐にわたる効能をもっているサプリといえば、高麗人参サプリとマカサプリをイメージされる人も多いかと思われます。どちらにしようかと迷われている方のために、効能効果の比較など、ご紹介しています。

おすすめ高麗人参サプリBEST3

どれを選んだらいいか分からない人、試してみて!
総合評価第1位
高麗のめぐみ

紅参の7倍のサポニン量を誇る黒参を配合。成分の酸化を抑えるプロポリスが、高麗人参が持つ栄養素をそのまま届けてくれます。

総合評価第2位
神秘の健康力

40種類もあるジンセノサイドを独自製法によってバランスよく配合。疲労回復と健康のトータルケアを実現しました。

総合評価第3位
長寿生活の高麗人参

上級の高麗人参・紅参から抽出したエキスを乳酸菌発酵させ、成分をより吸収しやすいサプリメントが完成しました。

このページの関連記事

ページのトップへ