高麗人参サプリに期待できる更年期障害諸症状改善効果について調べまとめました

高麗人参サプリで更年期障害の諸症状が緩和されるワケ

更年期障害はなぜ起こるの?

ホルモンバランスの乱れによって起こる更年期障害

更年期とは、女性が閉経を迎える前後の期間を指します。閉経を迎える時期は人によって異なるので、更年期が始まる時期にも個人差がありますが、だいたい45歳くらいが目安と言われています。(ここでは省きますが、男性の更年期障害もあります)

閉経を迎えるにあたり、卵巣の機能は衰えはじめ、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。そうすると、脳は卵胞刺激ホルモンを分泌します。卵胞刺激ホルモンには、卵巣内で未成熟の卵胞を刺激してエストロゲンを分泌させようとする働きがあります。しかし、更年期を迎えた卵巣は脳の命令通りにエストロゲンを分泌することができません。

その結果、脳はエストロゲンを増やすべく卵胞刺激ホルモンを過剰に分泌するも、体のほうではエストロゲンが作れず減少していく、という事態が起こります。この「ホルモンバランスの乱れ」によって、更年期障害は起こるのです。

更年期障害の症状

症状が強く出る人もいればほとんど出ない人も

ホルモンバランスの乱れによって起こる更年期障害の症状は様々です。また、症状の現れ具合も個人差によるところが大きく、症状が強く出る人もいればほとんど出ない人もいます。中には日常生活に支障が出るほど強い症状が出る場合もあり、それを「更年期障害」と呼びます。

更年期初期によくみられる症状としては、のぼせ・ほてり・大量の汗・動悸・頭痛・憂うつ感・孤独感・めまいなどがあります。更年期中~後期には、頻尿や尿漏れ・肩こり・関節痛・腰痛・足のだるさなどがよくみられます。

ご覧の通り、その症状は身体的なものから精神的なものまで多岐にわたるので、原因を探りにくくどう対処してよいか分からないという人も多いのが現状です。

また、うつを感じる原因の一つにエストロゲンの減少があるため、うつと更年期障害の見分けは非常に難しいと言われています。

高麗人参が更年期障害を改善する仕組み

自律神経を調節してくれる

高麗人参には更年期障害を改善してくれる作用があると言われていますが、どのような仕組みなのか一つずつみていきましょう。まず、高麗人参には副腎皮質ホルモンの分泌を調整してくれる作用があります。この作用によって、自律神経のバランスが整えられます。自律神経のバランスが整うことで、ほてりや発汗・動悸・頭痛などの自律神経に関わる症状や、憂うつ感などの精神的症状を緩和してくれる効果があるのです。

血液循環を正常化する

高麗人参の有効成分サポニンには、血管を拡張させ血行を良くする効果があります。血行が良くなることで、骨髄はサラサラの質の良い血液を作れるようになり、善玉コレステロールが増えて血液の循環が改善されていきます。その結果、肩こりや耳鳴り、血圧の上昇など血管の運動神経障害による症状が改善されるという仕組みです。

また、善玉コレステロールは動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを回収してくれる働きを持っており、動脈硬化予防効果も期待できます。

ホルモンバランスを調節してくれる

高麗人参には、ホルモンバランスの乱れを整えてくれる働きもあります。高麗人参の有効成分サポニンは、更年期障害の原因になる女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造を持っています。更年期を迎えてエストロゲンの分泌が減ると、脳はエストロゲンを分泌させようと命令を送りますが、これに体が応えられないことで「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。

そこで、エストロゲンに似た高麗人参のサポニンを体内に入れると、エストロゲンの量が増えたと体は錯覚し、ホルモンバランスの乱れが整うという仕組みです。高麗人参サプリは、更年期を迎えた体にとって強い味方なのです。

更年期障害の諸症状の緩和におすすめ高麗人参サプリBEST3

自律神経やホルモンバランスを整える!
総合評価第1位
高麗のめぐみ

紅参の7倍のサポニン量を誇る黒参を配合。成分の酸化を抑えるプロポリスが、高麗人参が持つ栄養素をそのまま届けてくれます。

総合評価第2位
神秘の健康力

40種類もあるジンセノサイドを独自製法によってバランスよく配合。疲労回復と健康のトータルケアを実現しました。

総合評価第3位
長寿生活の高麗人参

上級の高麗人参・紅参から抽出したエキスを乳酸菌発酵させ、成分をより吸収しやすいサプリメントが完成しました。

このページの関連記事

ページのトップへ